FC2ブログ
やったぜ!・・・85歳・
2019/03/11(Mon)
八十五歳の寿芳が作りました。笑ってみて下さい
https://twitter.com/johou_tindoutyu/status/1104971436312018944
https://twitter.com/johou_tindoutyu/status/1104973041757372416

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 巡礼へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事のURL | 未分類 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
素敵なブロ友
2019/03/04(Mon)
                  お願いします!助けて下さい。
枝垂れ梅一

枝垂れ梅ニ
 
  ただ一人お会いして握手をした・続テッキーの山歩き・余りにも美しい・・・農業センターの枝垂れ梅・・・
 いいえ・テッキー助けて下さい・デジカメの電池を入れ忘れ八十五歳のピンボケ写真・
     ・・・・・・・続テッキーの山歩き・の丁寧な農業センターの枝垂れ梅の美しさで・・・・・

枝垂れ梅三
・・・・・此処で寿芳の電池切れ・・・説明不可能です・・・・・
枝垂れ梅四

枝垂れ梅五

枝垂れ梅六

枝垂れ梅七

枝垂れ梅八

枝垂れ梅九

枝垂れ梅十

枝垂れ梅十一

枝垂れ梅十二
・・・菜の花畑で遊んでいました?・・・
枝垂れ梅 (13)

  枝垂れ梅を見た帰りに発作が、出ましたがこの目で今年も貴女の御蔭で見る事が出来ました。
          ・・・寿芳は只今発作で点滴治療中です・・・(-_-)zzz                 合掌 寿芳

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 巡礼へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | 未分類 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
老いに負けるな・我が人生
2019/02/17(Sun)
四国西国

   間違えるのが怖くて、指の傷が治っても。寝床の中に閉じこもりしてましたが、パソコンを見ないと日付も分からなくなります。

皆様に助けて頂いてブログ村の片隅に咲かせてください。間違えて居たら少しの、お水をお与え下さい。 

                                                         合掌 寿芳
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 巡礼へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | 未分類 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
     お休み
2019/01/21(Mon)
        今日は、平成最後の初弘法です。お大師様にお許しを願って・・・・

           右人差し指 第一関節怪我の為・お休みをいただきます。 

              目の前に春が来て居ます、お体をご自愛下さい。                                                              
                                        合掌 寿芳

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 巡礼へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
     
この記事のURL | 未分類 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
  遠い~遠い・・・昔の思い出
2019/01/05(Sat)

にほんブログ村

         東光山 花山院・ご住職のお話で、遠い昔を思い出し調べる楽しさを知りました。
                              ↓●●●●●↓
   京都伏見稲荷の祭礼・大山祭り一月五日・昭和十六年頃(1941年)京都伏見稲荷講のお話です。
玉屋さんに電話でお聞きしたら、古い話は分からないので、お稲荷さんの社務所でお聞きになられたらと・

  すぐに京都伏見稲荷大社に電話を掛けました。若い宮司さんではわからず・分かる宮司さんが、当時の事を話して下さいました。

     京都に行くのも、日帰りは無理でした。伏見稲荷の鳥居が見える・玉屋旅館に泊まりました。

  今も流れる、名古屋熱田神宮の井戸水は父が掘った水が流れています。父の勤めていた鑿泉業のお二人の上司を頼り三友と名付け・三友伏見稲荷講を・今も子供・孫が・交代でお参りに行って居ます。
        実家には今も、京都伏見稲荷が立派に、守られています。

  お稲荷さんの社務所が、嫌いで鳩と話し、七味唐辛子売りのおじさんの代わりにお手伝いをしたり・・
一筆書きの蛇をまだまだ・・小さな尻尾が、可愛いいと売れたり・・焼きとり屋では、ツグミとススメの違いを
        教えてもらったり、楽しかったです。

     此の日は、社務所の前で、瓦神事で危ないからと、足の届かない椅子に座るのが嫌でした。
素焼きの盃の小さな破片迄、砂利の中から探し大切に持って行かれました(良い酒が出来ると奪い合い)
               最近は、静かな神事だそうです。

  鈴鹿峠のトンネルに、東海道本線・・つばめ・・が右にカーブを切りながらトンネルの中に入って行くのが見たかったのかな?・石炭の匂いは、嫌では有りませんでしたが、顔が真っ黒でした。

  家に帰り私をお風呂に入れて、お餅を焼いて?豆が嫌いな私が、大豆粉餅(きな粉)を食べた!寝床に寝かせて呉れました。冬には伊勢志摩のお手伝いさんが、三人ぐらいと子守さんも居ました。

  二等車に乗って、食堂車に行かないで、参道で買った・いなり寿司・を食べたのは、北海道で私とマンボを踊る母のエチケットだったのかな?

  花山院のご住職の高野山二百年祭は・高野千五百年祭前に、高野山金剛峰寺へは、あるご住職を尋ねて何度も奥迄お邪魔しましたので、思い出とします。

  何時かは、高野山で遍路の友に会えますが、あの怖かった・夜参りを思い出すと逝きたくありません。
                                                 合掌 寿芳
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 巡礼へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ