FC2ブログ
観音霊場のおまけが 網走番外地
2018/10/14(Sun)

にほんブログ村

     ☀北海道三十三霊場・第二十四番・大慈山 弘道寺・ご本尊様「大日如来」霊場の御本尊には・・・
 十一面観音菩薩が祀られております。寺宝として、高村光雲作「阿弥陀如来像」が所蔵されていますと、
    本に書いて有りましたが・霊場・が昭和六十年九月によみがえった霊場と・書いて有りましたが、
          私達は、六十年六月に北海道三十三霊場に巡礼の旅でした☀

  ☀電話番号が違い・第二十五番・注連山宝珠寺(中湧別)に・電話番号を尋ねて掛けましたがお留守で、
再び宝珠寺にお尋ねしました。二度目の北海道霊場と混乱して、尋ねしました。
  建物は変わったが、確かに在りましたとお聞きして安心しました☀

               【北海道三十三観音霊場・よみがえった霊場】を、お読み下さい。

    ☀開創者の山本ラクは・徳島県板野郡上坂町瀬部の西本願寺末円行寺で大正十五年一月十七日・八十二歳の生涯を閉じていた・・・徳島県板野郡松島村大字七条村小字元原・七条村は四国霊場 
    第六番・安楽寺の近くの円行寺の内陣にまつられている。・・・北海道三十三観音霊場・山本ラクを
                    パソコンで、お読み下さい☀

  ☀第二十四番・弘道寺を参拝後に、網走番外地を見学しました。此の時は、母と一緒にバスから降りて、皆さんと一緒に楽しみました。(寿芳の仕事は、お茶汲みと・女性の荷物係でしたが力仕事は富ちゃん) 母を、私の前の座席に座らせて、自由に背もたれが倒せる様にして有りましたが、後ろで楽しくお喋りに参加して居ました☀

                        ☀網走番外地☀
網走番外地

網走番外地 (2)

網走番外地 (3)

網走番外地 (4)

網走番外地 (5)
 
                      ☀此処からは、母の手拭い☀
手拭い
      
☀何度も言いますが、身辺整理をして無いはずなのに驚きました。(遍路には屋根瓦要ると、あれば寄付をしていました)!安楽寺のお返しの手拭いが出て来ました。弱い術後の私を同行として、導いてくれました。私も最期まで同行として、母とは接しました。北海道巡礼が楽しかったのかな☀
                             ☀主役は、母かも知れません。(寿芳の先達でした)

手拭い (2)

          ☀四国遍路は、私に任せてと・山本ラク・の近くの安楽寺の手拭いかな☀
手拭い (3)

           ☀母も、皆様のご健康とご多幸を祈って居ると思います☀          合掌 寿芳

                        
                        にほんブログ村
この記事のURL | 巡礼 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
豪華バスの旅  しおかぜ公園
2018/10/08(Mon)

にほんブログ村

    ☀偉い人のサロンカーは、北海道のみです。其の後は、富田運転手のバスでしたが日本一周も、
 坂東霊場の千葉からフェーリーで横浜に降りた時で終わりました☀

   ☀昭和の大俳優・森繫久彌が主演した「地の涯(はて)に生きるもの」は、昭和35年羅臼が舞台となった映画・・・原作者・戸川幸夫「オホーツク老人」は、知床半島の番屋で、猫と暮らす老人の物語演技力
   の強い森繫久彌に映画館で涙を流して観ました☀

  ☀羅臼には、栗田添乗さんの軍隊仲間が居て、夕飯は北海道の幸が並びましたが・・・始めて見た・・・
赤海鞘「ほや」には、呑み込めなくて困りました。旬は6~7月で「海のパイナップル」とも呼ばれていると
  聞きました。母は、私の体を心配して呉れていましたが、毎週美容院に行く母の為に予約をお願いして
暗い道を歩きながら、オホーツク老人を思い出し一緒に観た友は今頃?・・・☀

                  ☀巡礼の旅・・・全員です☀
森繫久彌のしおかぜ公園

  ☀ガイドさんが居ないバス・今通ったのが??・でも観音霊場で色々訪ねて予定変更をしてくれましたが、宿には時間道理に到着しました☀           (前記事に掲載したと思います)


  ☀知床羅臼八景・・・マッカウス洞窟・・・ヒカリゴケが自生する洞窟にも寄りましたが、写真が、写し直せません「迷カメラマン」です☀        ( *´艸`)クスクス (暗過ぎとして置きます)

                 ☀異常気象ですが、お体ご自愛下さい☀         合掌 寿芳


にほんブログ村

             
この記事のURL | 巡礼 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
西国巡礼・第一番青岸渡寺
2018/10/06(Sat)
にほんブログ村 旅行ブログ 巡礼へ
にほんブログ村
               ☀昭和六十二年一千年祭には、二度のお招きを頂きました☀

   ☀中山タクシー四泊五日・同乗者は変わりました。この時は、能見夫妻・横井さん・寿芳でした。
         能見のお父さんが、五重塔に入ると言い出した時、チョットためらいました☀

   ☀(此れもお与えと言われましたが) 五重塔から出てきたら、お寺からお茶のお接待を、頂いて居た時の写真を捜しましたが、身辺整理の為、写真も捨てましたが、残った中に有りましたが、一枚だけでした☀


 ☀【2015/11/20/前記事が、最後の一人で青岸渡寺への参拝】でした。お寺が、とても変わって居ました☀


  ☀朝一番で、家を出て嫌いな夜遅く帰りましたのが、青岸渡寺の最後でした。プロと友さんの手に掛かったら、さぞ立派なブログになると、期待して居ましたが、残念でしたお辞めになりました☀

   ☀寿芳が頂いて来た、御朱印帳は・其の方には無用の長物でした。お寺の掟・経を収めた後に頂くのです、寿芳の経は役不足だったか分かりません☀

  ☀地元の運転手さんは、五巻挙げるのを、不思議そうに並んで聞き、後から質問されました。始めと最後は・代参の経・あとの三巻は・代参して挙げた方への為の経で、ご縁がありましたら、其の方は七巻挙げる・・・最後のお礼参りには九巻・・・三は観音様の数・・・十では割れません・・・夢幻の数と習いました凄く感動されましたが、昔の事と話しました☀   寂しかったです。合掌


  ☀チョットお高い入場料と思いましたが、那智の滝の大好物の・御水・を頂きました☀甘露・甘露
青岸渡寺

               ☀那智の滝が入らないと、石の上は痛かったのを覚えています☀
青岸渡寺 (2)

                        ☀納経の御朱印☀
青岸渡寺 (3)

                           ☀納経帳☀
青岸渡寺 (4)
 ☀北海道も、巡礼でしたが、豪華と付けたのか間違いでした。時間が無いので、次に掲載します☀
                                                         合掌 寿芳
                         にほんブログ村 旅行ブログ 巡礼へ

                          にほんブログ村
この記事のURL | 巡礼 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大相撲夏場所の絵番付
2018/10/02(Tue)

にほんブログ村

    ☀平成二十一年・名古屋場所【2015/5/04 前記事・秋葉山慈眼寺の思い出】をお読み下さい・・・・・
  機械音痴の寿芳には、飛ぶ事が出来ません☀



                   ☀懐かしい絵番付&ストラップを見つけました☀
錦絵

           ☀大きいので、腰掛の上に乗って写しました。しわも愛嬌と笑って下さい☀
錦絵 (2)

    ☀日馬富士の断髪式を見て、安馬関の細い体と絵筆を持って居る姿が、思い出されます☀
錦絵 (3)

          ☀上下分けたら、見やすいかと思いましたが( *´艸`)クスクス駄目でした☀
錦絵 (4)

                       ☀横綱朝青龍&横綱白鳳☀
錦絵 (5)

             ☀貴乃花親方と握手した時、可愛らしく照れ笑いして居ました☀
貴乃花親方

      ☀四国遍路の癖で、握手婆さん二年間で沢山のお相撲さんと握手・・・力を頂きました☀
把瑠都

   ☀把瑠都関の貴重なストラップ?分かりますか?髪の毛が短くて、大銀杏(おおいちょう)無し☀
把瑠都 (2)

                      ☀今も、現役の豪栄道☀ 勿論握手済み
豪栄道

                     ☀大きな手の、琴欧州でした☀
琴欧州

         ☀相撲協会から記念品として、頂いたストラップです。続きは検索して下さい☀
ストラップ

  ☀クリニックに行く前に、十八日・お観音様の日に把瑠都関に会いました。勿論握手をしに行った時、
          娘も慌てて走って来ました。何時皆様と握手が出来るかなぁ~~☀

                        
                          にほんブログ村
この記事のURL | 巡礼 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
 地震の恐怖に負けないで下さい。
2018/09/14(Fri)
     北海道地震から今日で、一週間と聞きました。私の出来る事はと考えましたが分かりません。
  皆様の暗いお気持ちは分かります。其の恐怖に子供の頃に一人で震えて居ました。

                  此の明かりもやがては、全部点く事でしょう。
IMG_0791.jpg

                  我が家の明かりも、今は半分にして居ます。
IMG_0789.jpg

                 自然の恐怖に負けないで下さい。 合掌 寿芳

IMG_0788.jpg
                 皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

にほんブログ村 旅行ブログ 巡礼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 巡礼
この記事のURL | 巡礼 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ