FC2ブログ
北陸三十三観音霊場・富山県・第2章
2015/03/31(Tue)
            ☁富山で・姉とさて困りました・宿が無い昭和60年9月3日☁
宇奈月 (2)
                         ☀上の箸袋の裏に年月日と三人の名前が書いて有りました☀
後2~3ケ寺又来るのが大変だと料理旅館延對寺に電話でお願いしたら小広間なら空いて居るが。

今夜は満員と云われ兎に角寝る事が出来たら良いからとお願いした(北陸霊場巡拝して居ると話した)

屏風で仕切って貰い宿泊出来ました。母が「夜中にネズミに食べられるかもよ」と、冗談を云いながら

美味しいお食事を夜遅いのに出して頂きました。今日、調べて居たら宇奈月温泉と知り驚きました。

お宿のお陰で☀北陸を満願☀にして帰りました。ただ地図を頼りで何処に居るのか解らない親子に!!

パソコンを習わなかったら綺麗な思い出だけで終わったのにと・昨日は、嘆いたのに・今日は人の温かさ

三人でまさか舞台の有る・小広間に寝たと思って居たのが・ふふふ知らぬが仏・変なくせのお蔭で箸袋か

ら調べました。昔はもっと古い建物だったと記憶して居ますが・いい湯だなと姉と歌った気がします。

宇奈月
●明治33年富山県高岡市にて唯一の料理旅館「延對寺旅館」として創業。 竹久夢二・与謝野 晶子・
川端康成など様々な作家・文化人の方々に愛され●書いて有りました。写真は現代のを拝借しました。
宇奈月風呂
第29番・常楽寺→第30・番海禅寺→第31番正源寺→第32番・十三寺→第33番・法福寺
         第33番法福寺→黒部市宇奈月町明日838←此の中のどの寺かは解りません。   合掌
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 千観音霊場 | CM(2) | ▲ top
北陸33観音霊場の昔話・第1章
2015/03/30(Mon)
          ☁北陸33観音霊場の知らなかった方が良かった☁

私は、宿とか珍しい食事をした時・裏に同伴の人の名前を書いて持って帰る。本陸33観音霊場の時

お世話になったホテル・旅館の箸袋が出て来ました。パソコンで調べたら倒産と書いて有って驚いた。

昭和58年6月7日・母・兄夫妻・姉・寿芳・石川県山代温泉旅館百万石も未だ本館と別館で、珍しく兄夫婦

が一緒の時・お風呂の中で花火の音を聞いてお風呂から花火見物をして居たら、兄一人廊下で怒って待

って居て呉れた。兄が花火の音が聞こえたと。母が極楽・極楽で兄は苦笑いして居た(綺麗だった)

母と姉と私の三人の時は、お昼ごはんの時に空いて居る宿に電話をして宿泊した。(大体は調べて有った)

何時も那谷寺山には訪れた(西国の那智山・谷汲山をお参りした事になると聞いたが)納得はして無い。
         
          ☀パンフレットの表はどうしても横になって載せられなかった☀
百万石広間
         ☀昭和59年10月26日・昭和60年7月16日の三回御世話になりました☀
コースター
         ☀美味しい夕食でお刺身が氷の❅かまくら❅に入って居ました☀
百万石箸袋
         ☀机は加賀塗りの美しい物でした其処に並ぶお料理は最高でした☀
百万石
         ☀裏に鉛筆で日付と同伴者が書いて有りましたが切りました☀
                 ☀後の二回は、普通の部屋でしたがお料理は当時の芸術品☀   合掌
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 千観音霊場 | CM(0) | ▲ top
    手書きの予定表
2015/03/28(Sat)
ローソク
                        合掌
陸中海岸
     ☁出来たよと予定表を持って地下鉄の駅まで来て呉れました☁
予定表Ⅰ
     ☁一度も行かない北海道の予定時間迄書いて有ります☁
予定表2
     ☁あの頃の一流旅館に泊めて頂きました☁
予定旅館
     ☁観音霊場に村の方がお接待に来て下さった謎は郵便局でした☁
郵便局 (10)

     ☁亡き二人の添乗員は母達の○○講の四国遍路で仲の良い同僚☁

と聞きました。四国第二番・極楽寺のお風呂が五右衛門風呂で雨が降ると傘をさしてお風呂に入った。

住職達の結婚当時から極楽寺の宿坊に母達のお供をして下さった方です。此の方は私に信仰も好いが

のめり込むなと何時も戒めても観音様を予定に入れて下さいました。お二人とも本四国の隅から隅まで

ご存知でした。日本一周バスの贅沢旅行も・郵便局の通帳も此の方です。

此の方の葬儀には、四国の御住職が三人も名古屋迄来て参列されたと母から聞きました。

(私は御通夜の前に、最後の別れをしました。病院の面会も寿芳以外の方には会わなかったと聞きました)

退職前に日本全国バスの旅をしたいと相談されて・今では考えられない・サロンカーの座席を改造して前に

ブログに載せた・北海道の予定表が出て来ましたが手書きの予定表でした・全部を作るのは大変だったと

思い添乗さんの苦労を一部分載せます。大切な形見です。寿芳もお二人の残した・仕事の坂東霊場・

西国霊場の皆さんの御軸・納経帳を満願にして恩返しをしました亡き二人に☁        合掌

蝋燭
               ☀最後までお読み下さいまして有難う御座いました☀合掌
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 本四国遍路 | CM(0) | ▲ top
本四国霊場遍路の手書のお経
2015/03/27(Fri)
            ☀新しく四国遍路に出る時手渡される☀

本四国霊場のお経今は色も変わり古い手書き団体のお経の書いて有る?(何と書いたら良いのか)

読み難いと思い書き直しが出来ませんでした。心経の前に読み・本を出して心経が終われば又上の

(数)だけ読むが声が小さいと叱られる・間違えても先輩が唱えて呉れるから・大きな声を出せ。

講の先達は優しいが・添乗員が怒る・御納経のお世話をして呉れる人が一番偉い?初めての本四国は

講の先達さんも母も居ないので・添乗員が凄く厳しかったが(亡き兄の友達)我慢をした。

心経は家で寝転んで暗記するのを家族は笑って見て居た。

信仰など全く無しで面白そうで母に付いて行った頃・子宮筋腫術後で家族に甘えて歩く事もしなかった。

皆は・母先達に娘さんに助けて貰って良いわね・はい助かりますと腕を組んで歩いて呉れたが厳しかった、

下足番から・お接待の意味・お寺の作法も・誰も居ない時は腕を離し頑張って歩けと教えて呉れました。

何度も、母の意地悪と泣きましたが・四国へ一人で行って友達の有りがたさを知りました。

母が嫌いで大好きでした。決して会費は払って呉れませんでしたが・家族遍路は全部払って呉れました。

本四国お経
☁此の紙も手で書きガリ版で刷って・講の先達からの形見・添乗さんの苦労が今になって解りました☁
      ☁ 初め頂いた時は黒い色でしたが・年月で此の色に変り紙も色が変わって居ます☁
蝋燭
                                合掌
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 本四国遍路 | CM(0) | ▲ top
梅花百観音・雪道からのお寺の送り鐘
2015/03/26(Thu)
   ☀尾張33観音霊場・三重梅花百観音・南知多33観音霊場は三年位日帰りで参拝しました☀

三重梅花百観音に・母が遠くも良いけど自分の生まれた三重県の御観音様に巡拝したいと、家族が、

日帰りで母が退屈して居る時にお参りした時の話です。

観音霊場で雪道を、弟が母を乗せて居たのでお寺の近くまで無理に入ったが・お寺は見えて居るのに

もう前にも後ろにも動けなくかり、車を降りてお寺に行き参拝を済ませた。

住職が「此の雪の中、お疲れさま」と、お茶のお接待を頂き帰る時に住職が鐘を突いて行きなさいと吃驚

参拝後に鐘は突くなと教えられて居ましたので・帰りに鐘は?「彼方達は雪で困って居るのでしょう」と、

送って欲しいのでは有りませんか「はい」だから送り鐘にお願いしなさと教わり・弟が代表で鐘を突いて

車に乗ったら嘘みたいに本道路に出られました。(送り鐘はあの世に送るもの・お経の後には駄目と)

三重梅花百観音では・お昼に美味しい食事を頂きました。伊勢エビ・アワビ・鯛・魚・のお刺身が安くて・

松阪では松阪牛の・・伊賀上野では伊賀牛の・・お参りに食べるなんてと思われる美味しい物ばかり。

平次の忘れ笠のお煎餅も・お寺に行って・先祖への鐘はお参り前に打て・帰りにはあの世に送られるから

と厳禁と思って居たのに間違って居たと反省しました。                合掌

三重梅花百観音
              ☀前回の迷カメラマンに大勢の方が来て下さいまして有難う御座いました☀
         ☀ブログ村でボケ(木瓜)の漢字を習いました嬉しかったです☀    合掌

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 千観音霊場 | CM(0) | ▲ top
迷カメラマンの作品集
2015/03/24(Tue)
  ☀朝のお散歩に娘とナツに付いて行き・偉そうに写真を写して居て、土筆を見つけてシャッター☀

後が大変立ち上がれなくて、頑張っても立てない・娘が這い蹲って背中をかしてくれて何とか立てたが

一人でどうしたかと思うと娘に感謝します。今日はブログをお休みする予定でしたが・娘とナツに感謝

2才お散歩
              ✿可愛らしい土筆は写せました✿
土筆
              ✿綺麗なボケの花が満開でした✿木瓜と書くのを知りました✿
ぼけの花
              ✿空き地に咲いた水仙の花✿
水仙
             ✿此の花八重椿かな解らない✿
八重椿
             ✿毎朝階段にお日様を待って居るれもん大切に育てる優しい人✿
れもん
              ✿三匹の野良猫に毎日・餌をあげる優しい住人✿
猫ちゃん
              昨日の下の記事も読んで下さい                    合掌
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
本四国霊場横峰寺の山に飛ぶヘリコプター
2015/03/24(Tue)
昭和59年頃の春と思います・第60番・横峰寺の麓からマイクロバスに乗り換えて、横峰寺の山を登る

時にヘリコプターで色々の建築材料を運んで居た。皆で何が出来るのかと話しながら歩いた。

翌年春に横峰寺に参拝した時。民宿京屋が出来て居て驚いた。タクシーになる迄・泊めて頂きました。

夜は怖いぐらいでしたが夜空の星が綺麗でした。横峰寺でトイレをお借りする時に・今は裏から着て・

仁王門も通らないからゆっくり仁王門を見て来いと云われてゴメンナサイと謝った。其の時お守りが欲し

くて横峰寺の御守を下さいと云ったら×他所のお守りは売って無いと叱られてゴメンナサイと謝った。

添乗さんが笑って・・まだ有るよ・・納経帳の重さを量ってたよ・・ゴメンナサイと謝った。

確かに参拝の礼儀を忘れて居た。最初は歩いて仁王門からお邪魔したのが凄く嬉しかったのと

稚児大師の御守を拾った時の感動を思い出した。第35番清滝寺のタクシーで☀こけしちゃんに再会した

後に横峰寺へのマイクロバスで一年前に付けた☀こけし人形が・真っ黒の顔で待って居て呉れて再会し

たのを500円玉と交換して貰い・小松尾寺の住職に供養をお願いしました。其れからは☀こけしちゃんを

乗った車に吊るすをはやめました。再会した時涙が出ました✿お山で頑張って待て居たよと云われた✿

(交通安全を祈り作って・娘と娘の友達が顔を書いて呉れた・真っ黒のお顔で待って居て呉れた感激)

横峰寺

  ☁毎年小松尾寺の住職は、こけしちゃんを待って居て下さいました☁兄弟遍路載せました☁

こけし
             ☀今も小松尾寺の亡き住職の机で待って居て呉れて居ます☁亡き住職に合掌☁
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 本四国遍路 | CM(0) | ▲ top
本四国八十八霊場の昔話・鳴門金時
2015/03/22(Sun)
    ☀昭和63年頃のお話・一日目は第二番極楽寺の宿坊に泊・朝のお勤めをして朝食後に出発☀

着いた日に・第8へ9番を参拝して有るので第11番・藤井寺に10時頃に到着・先輩が鳴門金時芋の蒸か

芋を一皿しか頼んでは駄目だよと教えて呉れたが☁戦争中に薩摩芋は毎日で余り欲しく無かった☁

要らないなら買ってとお金を渡された??一皿買った。後から来た別のバスのお遍路さんが一皿以上

注文したら・駄目・家の芋は沢山のお遍路さんに買って貰いたい?一皿に5㌢位の二切れ・沢山買われ

ては次の収穫まで持たない・楽しみに来て呉れるお遍路さんに悪いから(聞いて納得した)

昨夜、極楽寺で頂いた・お芋と変わらないのに買えないと思うと欲しくなる人の癖かな。

今夜は大きな海老フライだと思うよ。如何して分かるの・今、海老が泣いて食べないでと云ったから・

(毎年坂口屋は海老フライ)朝食ぬきで太龍寺のお山を登り参拝後に朝食・オット今回は薩摩芋の話で

した・第43番・種間寺の壺焼き芋は買えない人の為に先に頼んで皆で分けて頂く。其れを夜中に袋を

ガサガサ探して食べる人には・うるさい・と云えないでビニールの音も夜中には響く。私は、ほとんど

御飯とお漬物しか食べない・直ぐにお腹をこわすので、バスの時は食べませんでした。

一度もずくの酢の物が出た時・「此れ大好きと云ったら」大変な事になった。隣に座った人が・「寿芳さん

もずくが好きだって」・もう要らないと云ったらションボリする優しさに・全員のもずくを食べました。

家に帰って話した時バケツに一杯位と大きな話をして家族に笑われた。     合掌

いわひば
     ☀今年も❁イワヒバ❁の新芽が出ました、我が家に来て40年以上たちます☀
1番霊山寺・極楽寺

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 本四国遍路 | CM(2) | ▲ top
本四国八十八ケ寺遍路の昔話・蛙
2015/03/20(Fri)
        ☀お仁王さん入っても良いですか阿・・本堂までお邪魔します・・吽☀

人間は阿で生まれて吽で死ぬ後のいろは自分の力組み変えて生き抜けと教えて貰いました。左側は

今歩いて居る道・左から階段を登り・仏様に今迄の自分を見て戴き・右の階段は此れから歩く道・賽銭箱

は仏様のお茶碗・静かに供えて・納め札を入れる(納め札で騙されるから▲▲市●●区迄)昔、朝一番で

参拝して居た時・塵と一緒に燃やさるのを見て吃驚した。機嫌が悪いとお納経の途中で畑に行って何時

かえるか解らないお寺も有りました。納経所で前の添乗さんが何か云ったらしくて一時間も待って居る。

(もしそれが聞こえたら×早くして下さいと云ったらしい)仏さんが嫌だと云って居る・私達の添乗さんは・

着く前に此処は礼儀よく静かにお参りが済んだらバスに帰りなさい。途中で無い時は先打ちをして戻る。

納経の途中では帰る事が出来ない。お杖はお大師さん・橋の上はお大師様が寝て見える(十夜ケ橋)

杖を付くな・私が初めてのお大師様が濡れると思いビニール袋に輪ゴムで止めたタクシーのドァーに当た

り折れたら(お大師様が苦しくて折れた)と云われ、私はお大師様が死んだのと聞いたが返事は無かった。

ミキちゃんが凄い声で腰を抜かしてあぁぁぁぁ・・私と和子さんが如何したのと聞いたら震えながら蛙?

帰る・・蛙が死んで居たので・邪魔だと思い・お杖で溝に落とす心算で突いたら生き返った。

昼寝して、居たのでは無いの・違う死で居たのが・生き返ったと聞かなかった。(蛙大師様と笑った)

遍路に出て病院の薬を内緒で飲むのを見て私は反対した。現代にお大師様が居たら、きっと医学を信じ

なさいと云われると思う。お大師様を信じて別格第12番延命寺いざり松の千枚通しの霊付をお水で戴くと

治る・私がアルコールアレネギーでマロングラッセが美味しくて10ケ位食べたら全身に蕁麻疹が出て医者

は休みで・霊付を飲んだら治った・翌日娘が、医者に行こうと来て呉れた時・治ったと見せたら驚いた。

病は気からと云うが・ほどほどが良い・私は薬より自分の身体の中のお医者を信じる。  合掌                           
なばなの里
                   用意した画像が使えなくて昨年のなばなの里の写真です
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 本四国遍路 | CM(0) | ▲ top
本四国八十八ケ寺霊場道中・お風呂の話
2015/03/19(Thu)
      ☀本四国霊場は、訪れる度に便利で綺麗になって鳴門大橋と共に発展した☀

昭和58年頃の事ですが、今迄は☎でお寺にお話して書いて居ますが今回はお寺の名前は書きません。

男女別でも小さなお風呂に50人の入浴・我先にお風呂に掛け込みます。私達は、食事の後片付けを手伝

って最後に入りますが・何時も食事もしないでお風呂に行く・奥様が水風呂に飛び込んで3月の四国でも

未だ寒い自分が悪いのを棚にあげてお寺に文句(最後迄慌てないでもお先にどうぞとふふふ)高野山の

宿坊も小さなお風呂で・母が忘れたタオルを持って行ったら✿驚いた廊下に迄・着た物が脱いで有って皆

が一緒に湯船に入って出たらお湯が無くなって、泡まみれで立って居た中に母も居た。

馬鹿か好い年をしてと云ったら→60才越えたから子供に帰ったと、皆で云い返す←此処はお寺でまだ・・

若い修行僧も居るのよ→全員で私達がへんなら見て学べ←負けて引き下がり逃げ帰った。

又先に男性が済んだら女性と云われて疲れて待てなくて布団に潜って寝た。皆が同じ汗の匂いで2~3日

お風呂に入らなくても臭くは無かった。布団も敷布団は、一人一枚・敷き毛布は三人で二枚・掛け布団は

二人で三枚・高野山の立派な宿坊も綿が重くて(湿気て重い)寝返りも出来ない顔を出すと寒い高野漬が

出来ると間瀬のお父さんが笑って居た。食事も初めは精進料理が・普通の料理に代わって行った。

毎年・お寺に綺麗な庭が出来て新しいお堂に変わり色々謎が増えて行った。内緒で飲む般若湯(お酒)が

堂々と宴会に代わって行った。船から鳴門大橋が出来るのをみて、白い大きな御観音様に迎えられて・・

遍路をしたのに古い御観音様を邪魔物扱いでテレビを見て悲しくなった。          合掌

四国納経帳

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 本四国遍路 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ