FC2ブログ
西国三十三観音霊場・家族巡拝・謎が解けた・最終章
2014/12/21(Sun)
平成11年2月21日~平成14年3月24日第24番・中山寺→番外・花山院☀満願☀寿芳も70才

白いお軸が朱の衣で染まりました。家族六人揃って満願を戴きに巡拝・弘君の心配そうな顔に、笑って

私は「大丈夫だよ・まかせなさい」なんちゃって・出発先日どうして間違えたのか?中国道の宝塚インター

を降りて、中山寺に到着中山寺の山門は、昔と変わり無く奉納の大きな草鞋の奥からお仁王様がヤァー

良く来たな大きな目玉で見下ろして、頭を下げる私達に「あん・うん・通ってよし~」智徳が使い捨てのカメラ

を買いに走るのを見ながら・先に参道を進む。手洗い鉢の蓮の花から、お水を汲んで居ると吃驚する様な

大きな声・将徳が「バァちゃん・エスカレータが有るよ」と、呼んで呉れた。驚木・桃の木・山椒の木・お寺も

近代化したもんだ。後で聞いたら三日前から動いたとの事?先日の迷子は、観音様が私に楽をしなさいと

御褒美の迷子かな。本堂で次女が「智徳が可愛いよ」の声で振り返ると・山門で堂々と頭を下げて居る姿

に感動した。幼い頃のお遍路さんを覚えて居たのだ。私の弟子の第一号。

本堂の御本尊は・十一面観世音菩薩・六人で並び満願の心経三巻を挙げた。此れで私の弟子は五人に

なった。満願になるお軸の御観音様にお会いしたくて・納経所に付いて行く・退屈そうにして居る方達に。

「満願を戴きに来ました」と、挨拶をすると「満願ですか、お目出とう御座います」「皆様でお願いします」

四人の前に一冊ずつ置いた。最後の人に私の納経帳を出すと「此の字は○○さんだよね~」と、

皆が懐かしそうに眺める☁其の方はと、お聞きしたかったが止めた。番外・花山院に着いた。

二十四番中山寺 (2)

西国三十三ケ寺巡拝最後の寺☀御本尊十一面観世音菩薩☀のお礼の心経を挙げて納経所で驚いた。

「此の納経帳は花山院のですよ」と、吃驚・私が初めて納経帳に朱印を戴いたのが花山院だったとは私は

忘れて居た・昭和57年11月23日・私に初めて仏心を授けて下さったのがお軸・今熊野・十一面観世音菩薩

納経帳・花山院十一面観世音菩薩・御袈裟を授けて下さった四国44番・大宝寺御本尊十一面観世音菩薩

初めて不思議な御縁に驚いた。何時も不思議に思っていたが謎が解けた。夢幻の世界は我が心にあり・

無限の力を今は信じる。困った時には何時も十一面観世音菩薩の御助けがあった。     合掌

花山院

打ち上げは三田屋に向かうが迷子・何とか到着・何度も愚痴る弘君に・私が「着いたからもう良いよ」と、

口答え。プィーと弘君が車に行ったが・食事が済む頃には御機嫌さん。外は春の夕立ち吃驚

神戸の南京街に長女が行きたいと・私が「神戸夜景が見たいな~」と、次女が「虹が見えないかな~」と、

云った途端に☀満願の虹が驚き☀南京街で食べ歩き、帰途で迷子吃驚・湾岸道路から神戸の夜景が・

観音様の御褒美の迷子かな。将徳「だから三田から帰れば良かったのに」智徳が「美味しかったからい

いじゃん」と、長い道中お疲れ様でした。此処に載せた納経は・私が初めてブログを始める時に娘が作

って呉れた西国三十三観音霊場の納経です。次からは又変なのが載りますが御許しを合掌

P1010001.jpg
今日は、今年最後の弘法さん日なので二度・載せて皆様の良い年をお祈り致します。  合掌
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 観音霊場 | CM(2) | ▲ top
<<家族遍路の無理・リハビリ&初めての携帯 | メイン | 西国三十三観音霊場・家族巡拝・12章>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/12/23 22:21  | | #[ 編集]
- 悲しみ乗り越えて下さい。 -
     鍵コメさんへ
悲しみは乗り越えて下さい。弟さんはお姉さまに沢山の思い出を残して感謝されたと思います。私がコメントを始めたのは・書いて居ると其の場面が話し声まで思いだして涙が出る事も有ります。今、鍵コメさんのお陰で書いて良かったと思います。一人の方にでも解って戴けて幸せです。貴女の幸せを祈って居ます。   合掌
☁弟さんの声が聞きたくなったら、コメントして下さい。聞こえますよ書けば声が聞こえます☁


2014/12/24 09:44  | URL | 寿芳 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |