家族遍路の無理・リハビリ&初めての携帯
2014/12/24(Wed)
平成13年3月31日の(槇尾山)からの腕の痛みは日に日に痛みを増して来る我慢も限界に。

痛くて涙が出るが・明日になれば治る・我慢・我慢・何時もお世話になって居る、クリニックにも私は、行か

なかった・・6月13日・駄目だ2・3日前からまるでプールで溺れた時の様に肩が重くて痛い・・・横向きに寝る

事も出来ない・私は、次女に先生の処へ連れて行ってと頼み、院長の診察を受けた。

レントゲンを診て院長が「骨髄炎ですな~一人では無理だから、週に2~3回リハビリを受けなさい」と、

二階のリハビル室に上がる。橋先生が「何処迄上がりますか!」上がるどころか触られても痛い。

肩を温シップの後、マッサージが始まったが痛くて涙が出る。娘が待っていて呉れなかったら、逃げ出し

て居た。娘が「毎日来た方が良いですか」と、先生が「出来たら来て下さい」と、娘が・3ケ月毎日入り口の

腰掛で待って呉れて居た。(帰りの外食が楽しみだから、気にしないでといって呉れるが悪いと思う)

長女がメールをして居るのを見て・次女に持たせたくなった。姉と電話で話せない事をメールで話せたら

と思い買う事にした。私が欲しいと云わなければ、次女は買う事の無い子。オハー元気・今日は雨だけど

痛くない・・娘婿からメールを呉れる。10月になりリハビリも週に二回迄減った。始めの痛さは無いが、

付き添って入り口の腰掛で待って呉れる娘にゴメンネ(橋先生が下の階で待って居ると風邪が移るから

二階で待つ方が良いと)11月22日に私は、お歳暮を贈る為に住所が知りたくて・先生に携帯番号を聞いた

先生の手に私と同じ携帯が有った。悪戯メールで先生をからかうのも嫌になった。

此の携帯は家族だけの物・私が間違いメールをしても笑って許して呉れる人の為に使う事にした。

今でも先生にメールをするが。優しい人に頼る年寄りにはなりたくない。今年は、ブログに挑戦して雑誌に

載せて頂いたり・とても楽しい一年でした。皆様にお邪魔な思い出を書いてゴメンナサイ

今は、軽い白内障でパソコンは二時間と眼科の先生に決められました。初めての携帯。   合掌

携帯

            ☀今年の一番・嬉しかった雑誌の写真を☀

寿芳

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
<<四国第2番・極楽寺・応援遍路・北海道33観音霊場 | メイン | 西国三十三観音霊場・家族巡拝・謎が解けた・最終章>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |