四国遍路・バス運転手・天国と地獄の遍路のお供
2015/01/20(Tue)
昭和61年4月8日・鳴海観光・梶田社長兼添乗員・新米運転手で四国遍路をした事は前に載せました。

若狭33観音霊場・北陸33観音霊場・二回に分けて☀満願☀

全員の希望で鳴海観光の梶田社長にお願いして・四国を一緒に遍路した二人を指名して頂いた。

若狭33観音霊場巡拝北陸33観音霊場・・皆で探した事を忘れて四国遍路を簡単に引き受けて地獄の遍路

をしたと思い出しても怖かったと話してくれました。先達の居ない全員が先達の私達。

厳しい修行をされた先達との違いを解っただけでも良い勉強とおもった。

北陸

私達も厳しい添乗さんに叱られながら母達の講を守り・皆で考えて上下関係は無しにして☀仲良し会☀

四国遍路で仲良くお参りをしました。母達の添乗さんが亡くなってから・お寺に着くまでは自由だが門を潜

ったら真剣に参拝しました。和子さんとお喋りをしながら門に着いた時★チャック★と云ったら門で男の方

三人がズボンのチャックを見たのが可笑しくても笑えなくて困った。話が✈(飛ぶ)若狭・北陸は母と姉と

参拝したので案内役で始めて一番前の席に座った。私の席は一番後ろと決められて居た反対に和子さん

が私の席に座って居た。パソコンで調べたら今は・何処のお寺も出て来ますので省きます。

此の霊場で嬉しかったのは夫婦喧嘩しながら四国遍路に御一緒して八栗寺で私と走って皆に弘法堂で

拍手された奥さんに別れる時・自分の足で歩けたら次お参りに連れて行くが練習しないで歩けなかったら

参加させないと約束して(弱かった私が頑張って西国で歩けた・皆に大事にされて歩けなかったから・

御主人に買い物も歩かせなさいと話して有った)バスを降りて歩いて参拝に驚いた。寿芳さんと約束だと

毎日歩いたと聞いて目から☂・何時も参加して楽しそうだった。母の為にバスを和子さんにお願いして私は

中山タクシーで全国走りました。和子先達は本四国・昨年54回の満願の電話を戴いた。

入場料は何処も要りませんてした・何も無いが温かいお寺さんでした。作られた美は無かった。合掌

ほくゆ
昭和60年9月4日の郵便局は母と姉と参拝の時かもしれません☁後一冊出て来ました☁お許しを合掌
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 本四国遍路 | CM(0) | ▲ top
<<本四国遍路・ジャイアント馬場さんの服と靴 | メイン | 隅田川の花火大会・孫と二人旅>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |