FC2ブログ
ディズニーランド&シー妹と二人旅   第2章
2015/02/25(Wed)
ドナルド

     ★妹は「遠慮は要らないよ、好きな煙草位部屋で吸いなよ」と声を掛けて呉れた★

旅に出て始めて人より早く眠った・バッタンキュー朝、人の気配で目が覚めた・妹が起きて居た?

夜まで迷惑を掛けたかな?★咳?寝言?鼾?夜中は多分賑やかだったと思う★

     ☀元気回復・帰りの荷造りをして、朝食を済ませてお土産を選び家に荷物を送った☀

ミラコスタ

開園前にホテルの前庭に並ぶ(ミラコスタに宿泊した人だけの特権だって)今日は風も無く朝日が暖かくて

大勢の人が・マラソンのスタート待ち見たいに並ぶ。十時ヨーイ・ドンで走り出す。私も早足で妹に続くが・

皆に負けるのが悔しくて走り出した・(入り口から入場した人達が追い駈けて来る)妹が「走っては駄目だ

よ、あの人達と行く先が違うから・大丈夫だよ)と、海底2000マイルと書いた階段を降りる時・何故か嫌な

予感が襲って来た。丸い潜水艇に乗り込む時に●ぶるぶる体が震える・出発・泡がぶくぶく動き出した●

恐怖で目は開けていられないが・怖いが目を開けて見る冷汗が出る。最高に不気味な世界だった××

二度と乗りたくないよ~弱虫寿芳矢張りお日様の下が好き☀遊覧船に乗り・マーメイドの人形の世界は・

綺麗だった。幻想の世界だった・お話は覚えて無いが光りの色は覚えて居る。

ホテルのチェクアウトの為・遊覧船で戻り妹がホテルに行く昨日はカボチャのお化けハロウィンだった

のに一晩で・(十月に)一晩でクリスマスの飾りに変った!ディズニイCの園内を歩き・レトロの車で記念・

なお

写真を撮りながら歩き・汽車で園内を往復して戻り・妹が「昼ご飯はあの客船で食べる、何が食べたい」と、

歩きながら客船に近ずく・昔はきっと立派な豪華客船だったと思う・今にもドラの音を残して青い海に航海

に出るのを待って居る。客船前の広場には大きな樅の木のクリスマスツリーが飾られて居た。

ディズニC

私の我儘で「此の船の中で食事は嫌だな」と、妹が「如何してなの」と、私が「お城や橋は中に入ればただ

の部屋だから、遠くから眺めたいのゴメン」折角の予定を変更して呉れて「ではキッコーマンのお店で食

べようか」と、お店の人に「あのテラスで食事は出来ませんか」と、尋ねて呉れた「寒いですが良いですよ」

真っ白の船体の見えるテラスで食事中にお店の人がドナルド・ミッキーのショウが始まると教えて呉れた。

クリスマスツリーの陰になり少し遠くても楽しい昼食を済ませた。

(お店の方が天井のヒータを付けて下さって膝掛けまで貸して下さった嬉しい昼食だった)

育

妹の荷物を取りにホテルに戻り・バァーカウンターで珈琲を飲んで居ると水上ショウが始まった。沢山の

帆船にミッキー・ドナルド達のぬいぐるみ・水上スキーで湾内はお祭り騒ぎ!!吃驚●花火が上がった●

数は少ない昼の花火は始めて見た。妹が「花火が見れて良かった♪良かった♪思い残す事は無いネ」と、

(昨夜の強風で中止になった花火を気にして呉れて居たのだ)煙草を手に好きな珈琲を飲みながら・昼の

花火に送られてミッキーの窓の電車で舞浜駅に着いた。東京駅で乗り換えの時・サンドウッチを買って。

新幹線に乗る妹が足元に鞄を置いて「楽だから靴を脱いで此処に足を載せな」最後まで気を使わせた。

サンドウッチと珈琲を仲良く食べた途端に妹はバッタンキュー気疲れさせたんだ・新幹線の発車には妹は

夢の国♪寝顔に感謝♪有難う秋の釣る瓶落とし・暮れて行く東京を眺めながら・楽しい日は直ぐ過ぎる・

薄墨色の霊峰富士山に楽しい旅を感謝の合掌検察に来た車掌さんに・妹を起こさないでと手で合図OK

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
<<妹と二人旅は・本四国霊場のお礼だった。最終章 | メイン | ディズニーランド&シー妹と二人旅   第1章>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |