FC2ブログ
北陸33観音霊場の昔話・第1章
2015/03/30(Mon)
          ☁北陸33観音霊場の知らなかった方が良かった☁

私は、宿とか珍しい食事をした時・裏に同伴の人の名前を書いて持って帰る。本陸33観音霊場の時

お世話になったホテル・旅館の箸袋が出て来ました。パソコンで調べたら倒産と書いて有って驚いた。

昭和58年6月7日・母・兄夫妻・姉・寿芳・石川県山代温泉旅館百万石も未だ本館と別館で、珍しく兄夫婦

が一緒の時・お風呂の中で花火の音を聞いてお風呂から花火見物をして居たら、兄一人廊下で怒って待

って居て呉れた。兄が花火の音が聞こえたと。母が極楽・極楽で兄は苦笑いして居た(綺麗だった)

母と姉と私の三人の時は、お昼ごはんの時に空いて居る宿に電話をして宿泊した。(大体は調べて有った)

何時も那谷寺山には訪れた(西国の那智山・谷汲山をお参りした事になると聞いたが)納得はして無い。
         
          ☀パンフレットの表はどうしても横になって載せられなかった☀
百万石広間
         ☀昭和59年10月26日・昭和60年7月16日の三回御世話になりました☀
コースター
         ☀美味しい夕食でお刺身が氷の❅かまくら❅に入って居ました☀
百万石箸袋
         ☀机は加賀塗りの美しい物でした其処に並ぶお料理は最高でした☀
百万石
         ☀裏に鉛筆で日付と同伴者が書いて有りましたが切りました☀
                 ☀後の二回は、普通の部屋でしたがお料理は当時の芸術品☀   合掌
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 千観音霊場 | CM(0) | ▲ top
<<北陸三十三観音霊場・富山県・第2章 | メイン |     手書きの予定表>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |