北陸三十三観音霊場・富山県・第2章
2015/03/31(Tue)
            ☁富山で・姉とさて困りました・宿が無い昭和60年9月3日☁
宇奈月 (2)
                         ☀上の箸袋の裏に年月日と三人の名前が書いて有りました☀
後2~3ケ寺又来るのが大変だと料理旅館延對寺に電話でお願いしたら小広間なら空いて居るが。

今夜は満員と云われ兎に角寝る事が出来たら良いからとお願いした(北陸霊場巡拝して居ると話した)

屏風で仕切って貰い宿泊出来ました。母が「夜中にネズミに食べられるかもよ」と、冗談を云いながら

美味しいお食事を夜遅いのに出して頂きました。今日、調べて居たら宇奈月温泉と知り驚きました。

お宿のお陰で☀北陸を満願☀にして帰りました。ただ地図を頼りで何処に居るのか解らない親子に!!

パソコンを習わなかったら綺麗な思い出だけで終わったのにと・昨日は、嘆いたのに・今日は人の温かさ

三人でまさか舞台の有る・小広間に寝たと思って居たのが・ふふふ知らぬが仏・変なくせのお蔭で箸袋か

ら調べました。昔はもっと古い建物だったと記憶して居ますが・いい湯だなと姉と歌った気がします。

宇奈月
●明治33年富山県高岡市にて唯一の料理旅館「延對寺旅館」として創業。 竹久夢二・与謝野 晶子・
川端康成など様々な作家・文化人の方々に愛され●書いて有りました。写真は現代のを拝借しました。
宇奈月風呂
第29番・常楽寺→第30・番海禅寺→第31番正源寺→第32番・十三寺→第33番・法福寺
         第33番法福寺→黒部市宇奈月町明日838←此の中のどの寺かは解りません。   合掌
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 千観音霊場 | CM(2) | ▲ top
<<北陸三十三観音霊場・第3章 | メイン | 北陸33観音霊場の昔話・第1章>>
コメント
-  -
こんにちは~

富山に来られたんですね~
宇奈月温泉……山に囲まれた静かな温泉街です。
余計なものもなく、落ち着いて過ごせる感じ……
お風呂も景色がいいですよね。

それにしても
満室でも泊まれてよかったですね。
(*^_^*)
2015/03/31 12:46  | URL | WILD BOOKERS #-[ 編集]
- 有難う御座います。 -
宇奈月にお住まいですか。北陸霊場を思い出して

書いて居ます。本当に助かりました。舞台の上で

姉と騒いで亡き母に叱られましたのも目に浮かびます。

年で叶わぬ事ですがお邪魔してお礼が言いたいです。

有難う御座いました。    合掌

2015/03/31 18:36  | URL | 寿芳 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |