本四国八十八霊場・二本のお大師さま
2015/04/30(Thu)
        ☀昭和六十一年四月八日・新米運転手と社長添乗員で載せましたが☀

此の遍路の同行者に間瀬御夫婦が乗車されました。お二人でお孫さんの病気祈願で一生懸命お願い

して居らっしゃいました。寿芳は義妹が(兄弟遍路の弟嫁)癌で入院の見舞いに行った時・泣きながら

何時、退院出来るか解らないと聞き・本四国に行くから代参して来てあげる。

何時もの様に第二番・極楽寺で義妹のお大師さまと納経帳を求め・寿芳の納経は・第一番霊山寺のみ・

義妹の納経帳を打ちました。何時も一番後ろの席の私が降りると・最後に仲良くお大師様が並んで居た

が気にもしなかった。バスの横に全員のお大師様が並んで居るから・最後の降りる、私と義妹のお杖が

並んで居るのは当たり前と思って居ました。如何して義妹が私のお大師様と並ぶのかな~と・独り言・

誰かが何時も・間瀬のお母さんが仲良く並んでねと・並べて居て呉れたと聞いて驚きました。

最後の宿坊で義妹の納め札が渦を巻いて天に登る夢を見て和子さんに話したら右に巻いて居た左だっ

たと聞かれても覚えて居なかった。打ち上げた報告の電話を病院にしたら昨日、退院されましたと聞いて

皆に話したら拍手で祝って呉れました。明くる年の四国遍路で、間瀬さん御夫婦が・孫が助かりましたと

お礼参りに御一緒しました嬉しかったです。義妹のお杖と寿芳のお杖が兄弟遍路で並んで歩きました。

別格

1番霊山寺・極楽寺
              ☀此の写真は・兄弟遍路の時のです今も元気に暮らして居ます☀   合掌
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
この記事のURL | 本四国遍路 | CM(0) | ▲ top
<<朝のお散歩・小心犬のドックラン | メイン | 大須観音の商店街>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |